Loading

MintLeaf

ミントリーフでは、これからの小中学校で必須になってくるアクティブ・ラーニングの基礎力を幼児期から育むことを目的として、子どもたちの「非認知的能力」を育むことを大切に考えております。
教育の在り方が「教える」(Teaching)から「学ぶ」(Learning)へとシフトした今、先生が子どもに一方的に教えるのではなく、子どもが自ら考えて学べる様に先生がフォローしていくスタイルが必要になります。

子どもたちが大人になる時代は、今の時代よりも更なる国際化、ロボットやAIが日常に入り込んでいる、今とは全く違う世界を生きていく事になるでしょう。
そういった子どもたちの未来を見据えて、ミントリーフは子どもたちが本当に必要になる能力を最大限に引き出していくことを考えて、大切なお子様をお預かりしています。

独自の教育アプローチ「ミントリーフ・メソッド」

ミントリーフではレッジョ・エミリア教育をベースとした幼児教育を取り入れています。
レッジョ・エミリア教育とは、これからの時代に必要になるスキルや能力を引き出すことができる世界最高峰の幼児教育の1つと言われており、Google社やディズニー社、世界銀行などの世界的企業の付属幼稚園でも取り入れられている、今世界で最も注目されている幼児教育です。

ミントリーフ・メソッド考案者

ミントリーフ・メソッドの考案者デイブ・ウィリアムズ先生はアメリカで幼児教育と二言語教育の修士号を取得し、16年間レッジョ・エミリア教育を実践しながら保育士や外国人講師のトレーナーをしています。
そんなデイブ先生が日本の文化や風土に合うようにレッジョ・エミリア教育をベースにして独自のメソッドを考案しました。
それが、ミントリーフ・メソッドです。

英語教育

ミントリーフでは、英語を教えるのではなく、英語というツールを使って子どもたちの力を引き伸ばす環境を提供しています。幼児期の子どもにとって言語とは学ぶものではなく、他者と意思疎通をするためのコミュニケーションツールです。
言葉はまず「聞く」事から始まり、そして少しずつ「話す」事が出来るようになってきます。
我々が目指している英語力とは、子どもが大人になって実践で使えるための英語力を目的としています。短期的に単語を覚えたり文章を暗記させたりするのではなく、自然な英語の環境に身を置くことを心がけて大切なお子様をお預かりさせて頂いております。

Recruit

ミントリーフでこれからの日本の未来を担う子どもたちのために働きませんか?
当園では子どもの個性を尊重し、これからの時代に必要な”非認知能力”を英語環境で引き出します。
英語が話せなくてもアクティブ・ラーニングの経験がなくてもやる気があれば大丈夫です。
お気軽にお問い合わせください。

MORE