株式会社ZEN

株式会社グランドクロス

ミントリーフ・インターナショナル・プリスクール運営会社である株式会社ZEN
代表取締役の森田昭仁は2016年2月までアメリカに在住、自身の長男を
アメリカで育てていました。

長男が2歳の時に現地のプリスクールに入園したときに感じた日本との違いが、
ミントリーフ開園のきっかけになりました。
アメリカでは2歳児であろうと1人の人間として接します。
そして子ども自らがやりたいと思ったことを先生がサポートするという
教育方法によって、先生と子供の中の絆が生まれ、
それに伴って子供が興味のある事に没頭でき、ものすごい勢いで
成長していく様を見せつけられました。

しかし、日本で新規事業を行うために帰国することになった森田は、
日本に帰っても子どもにアメリカで経験したような教育を提供でいないか
模索しましたが、残念ながら移住先の長野にはそのような教育を受けられる
場所がありませんでした。

そこで森田は、「理想の園がないのであれば、自分で作るしかない」と考え、
開園に向けて動きました。森田の友人であるデイブ・ウィリアムズに
相談したところ、森田の長男が受けていた教育がレッジョ・エミリアという
教育だという事を知りました。実は、デイブ・ウィリアムズは
レッジョ・エミリアを15年間経験しているアメリカの教育者だったのです。

そこで、デイブの助言をもとにミントリーフ・インターナショナル・プリスクール
開園を決意し、2017年9月長野市に第1園目のミントリーフを開園しました。

既存のインターナショナルスクールは、保育料が10万~20万円とかなり高額ですが、
このような付加価値のある教育を低価格で提供する事が可能になったので我々は、
これからの日本を担う子どもたちの未来に向けた事業展開をしていこうと考えています。

今後よりグローバル化する社会、さらにAIやロボットが台頭する世界で
生き抜いていける日本人を育成することにつながると信じております。

ミントリーフの教育を日本各地で提供していくことによって、
国際社会で活躍できる未来の日本人を育てていけると真剣に考えております。

本事業を全国展開していくにあたり、保育事業のレベルを上げていく必要があるため、
同じく日本の教育を変える事に人生をかけている株式会社グランドクロスの
代表堀川伸一と共に、この目標に向けて歩いていくことにしました。

株式会社グランドクロスは保育事業を10年以上運営している保育のプロ集団です。
株式会社ZENのインターナショナルな教育アプローチに、
株式会社グランドクロスの保育の質を掛け合わせることによって、
日本の未来を変えていくことができると信じています。


経営陣紹介_株式会社ZEN/株式会社グランドクロス

森田 昭仁

代表取締役

近藤 大樹

取締役

デイブ・ウィリアムズ

保育統括本部長

川村 亮太

営業統括・看護師

大綱 理恵

R&D部長

ディロン・ヒンチリフ

映像制作部長

三浦彌生

エリアマネジャー・保育士

堀川 伸一

代表取締役

森田 昭仁

取締役

杉山 恵美子

保育部統括マネジャー

長谷川 高之

Manager