ミントリーフ・メソッドを導入するにあたって

ミントリーフ・メソッドは、レッジョ・エミリア・アプローチをベースにした
「子どもたちが主体になり、自ら考えて行動できる」人間になるためのメソッドです。

これからの時代、ロボットやAIの台頭、そして今まで以上にグローバル化が進む世界になります。
そんな時代を生きていく子どもたちにとって、
今までの日本の教育方法だけでは競争力のある人材育成が難しくなってきます。

そこで私たちは、これからの時代に必要になるスキルや能力を育むことができる
世界最高峰の幼児教育の1つであるレッジョ・エミリアに目を向けました。

レッジョ・エミリアは、元々イタリアのレッジョ・エミリアで生まれた教育アプローチです。
今日では欧米諸国はもちろん、中東やアジア諸国にも広がっており、
国や地域、文化や習慣にアレンジされた独自なレッジョ・エミリア教育アプローチが広がっています。

日本では、イタリアのレッジョ・エミリア教育をそのままの形で取り入れるのは難しく、
日本の文化や習慣などに則して、日本仕様にアレンジする必要があります。
そして、今回日本仕様にアレンジしたレッジョ・エミリア教育を
「ミントリーフ・メソッド」として完成させました。

ミントリーフ・メソッドを創り上げた先生は、レッジョ・エミリア教育やその他、
非認知的能力を育むための教育を合計15年間にわたって
アメリカと日本で教えてきたデイブ・ウィリアムズ先生です。

デイブ先生は日本にも長く住んでいるので、日本の文化や習慣に対してどのように
アレンジすればいいかを熟知しております。

そこに彼の今までの経験をブレンドして出来上がったものが、ミントリーフ・メソッドです。

私たちは「教育=国力」であると考えています。国力のある国には、必ず良い教育があります。
これからの日本の未来のために、私たちはミントリーフ・メソッドを日本全国へ広げていきたいと考えています。

ミントリーフ・メソッドの一部をご紹介

ミントリーフ・メソッド導入料金表

ミントリーフ・メソッドは、人を1人雇うよりも安価で選ばれる園になることが出来ます。

非認知的能力を育む教育は、一朝一夕で身につけられるものではありませんが、逆に考えると競合が生まれにくいのです。

我々のノウハウ動画、電話やメールでの質疑応答、オンラインや実際の研修などを行って、保育士さんだけでなく園のスタッフ全員が学べる環境を提供します。

さらに保育士の雇用が難しい中、バイリンガル保育士を採用コスト0円で採用できる「保育士バンク」もご利用いただけます。

企業主導型保育園の場合、助成金の取りこぼしがないようにサポートさせて頂き、健全と保育園の運営ができるようにお手伝いさせて頂きます。

是非、ミントリーフ・メソッドの導入をご検討下さい。